企業活動における資金繰りの重要性

企業活動において、資金繰りの重要性は年々高まっています。


毎回着実に利益は出ているのに、手元にはお金がまったくないという状況が積み重なると、場合によっては現金が不足して支払いができなくなります。これが、黒字倒産の仕組みです。このようにならないために、経営者は資金繰り予定表を作成します。これは現在のキャッシュアウトとインだけでなく、将来予想されるキャッシュアウトとインもあわせて表の中に組み込み、企業活動を通して資金がどのように動くのか把握することができます。

wikipediaの情報を多数ご用意したサイトです。

仮に、ある日資金が足りなくなると予想される場合、経営者は銀行からのつなぎ資金や支払い条件の変更をしなければなりません。

もしくは、新規に事業を行う場合、どのような資金繰りになるのかあらかじめ把握しておくことが重要です。

資金繰り情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

事前にある程度資金繰りが把握できていれば、早めに対応することができ大きな負担を会社全体が背負うことはなくなります。

一方で、銀行は企業のキャッシュフローを今まで以上に注意して分析するようになっています。

やはりその背景には黒字倒産してしまう、企業体力のない中小企業が多いという現実があります。

自分の会社は大丈夫と思っていても、大口先の売掛金が焦げ付きしていたり、小口の入金がされていなかったりと、蓋を開けてみたら資金ショートになっていたという事例も珍しくはありません。



今後は、企業体力を正確に把握するために、資金繰り表を分析してみると良いでしょう。