ファクタリングの利用と種類

ファクタリングとは、インターネットのサイトやページを一定の基準に従って判別して、閲覧を制限する機能のことをいいます。

インターネットは、自分の欲しい情報を手に入れることができ便利に利用する事ができる反面、違法な情報や有害情報にアクセスしてしまう可能性もあります。

様々なファクタリングに関する情報収集をサポートします。

そんな情報にアクセスしたことで子供が犯罪に巻き込まれてしまうケースもあるため、青少年にとって有害な情報を触れないことが無いようにすることのできるファクタリング機能は重要なものとなってます。

青少年インターネット環境設備法では、携帯電話事業者に対して18歳未満の利用者にはファクタリングサービスを提供することを定めています。

ファクタリングの種類としては、学習に役立つような子供にとって安全で有益なホームページのリストを作ってそれ以外のものを見せないようにするホワイトリスト方式、アダルトや暴力、出会いなどの子供に見せたくないホームページのリストを作って見せないようにするブラックリスト方式があります。



ホワイトリストは決められたホームページしか閲覧できないため、違法な情報や有害な情報を遮断することができるというメリットがある反面、リストに掲載していなければ有益な情報まで閲覧することができないという点が上げられます。
ブラックリストは、ブラックリストを作成する企業などがホームページを見た上で判断されるため、無害で有益な情報を遮断してしまう可能性が低いことにあります。


しかし、リストに無い違法な情報は閲覧できてしまうというデメリットがあります。

コトバンク情報サイトについて考えます。