ファクタリングのデメリット

売掛金や売上債権などを安定して資金化することが出来る方式として注目を集めているファクタリング方式は、その安定性や安全性から利用を検討する企業が増えてきています。

メリットなども大きく、先行き不安な現代社会の中では非常に有用に活用することができるようになっていますが、もちろんメリットだけではなくデメリットも存在しており、その点を把握しておくことでより安全に利用することが出来ます。
では、ファクタリングのデメリットとはどのようなものがあるのかと言うと、手数料や掛け目が必要になっていると言うところがあります。

注目の日経ビジネスオンラインのマニアックな情報をお届けします。

これは当たり前のように思われるかもしれませんが、売掛金の資金化を松よりもまず先に手数料や掛け目分のお金が目減りすると言うことになります。

なので資金化したものがそのまま手元に入るわけではないと言うことを理解し、目減りする分も計算する必要があると言うことになるのです。

また、債権譲渡をする場合は通常は特に何か承認を得る必要はないのですが、場合によっては顧客へ承認が必要になってくると言うことがあります。

珍しいファクタリングサービスの役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

その場合は交渉や手続きの手間などで時間がかかってしまうことがあり、早期に資金化することが出来るというメリットが相殺されてしまう場合もあるのです。



そしてこれも場合によってではありますが、ファクタリングの際に債権譲渡登記が必要になると言うケースもあり、これが必要になるのかどうかと言うとことを事前に確認しておかなければならないと言うケースもあります。